« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月

Washington DC

結婚式の翌日はさすがにのんびり起きて、11時近くにチェックアウト。
この日、家の近くではodondeというお祭りがあり、通行止めもあり、車も駐車できないほどなのでワシントンDC見物しました。
DCはこれで3回目。1度目はほとんど車で通っただけなので、カウントしないのかな。。
今回の私の目的はリンカーンメモリアル。旦那さんの目的はジェファソン記念館。
まずはリンカーンメモリアル。あぁ、ここが、マーチンルーサーキング牧師が演説したところなんだ!と感動してから桜の季節はとっても素敵だろうに、と池の周りをてくてく歩いて、トーマスジェファソンに会いに。Img_2792



















Img_2793



















Img_2795













Img_2802


















ここでしばらく涼んで、今回は国立アメリカ歴史博物館へ。
ほんとうにヴァージニアの日差しは強い。。。
日陰日陰を探しながらたどり着きました。 ここはスゴい人。映画、Night at the Museumのせいかしら。。。

3階にはモハメドアリの使ったグローブ、ビルクリントンのサックス、オズの魔法使いでつかわれた赤い靴、などなどが展示。
Img_2807













同じ3階のフロアーにはリンカーンがかぶっていた帽子が。。。おぉぉぉぉ、と感動。

Img_2813













あまりの人で疲れてしまいました。 ここから車を停めたところまで歩く元気はなく、タクシーにのり車をひろって、いざフィラデルフィアへ。
Img_2825













渋滞にも巻き込まれず順調にたどり着きました。
あぁ〜、中身の濃い3日間でした。

結婚式

先週金曜日から、結婚式に行ってきました。 場所はワシントンDCから少し南のアレキサンドリアの少しまた南。 私にとっては初めて招待いただいたアメリカでの結婚式。新郎は旦那さんの研究室で働いてくれていたJ君。彼は今お医者さんになるために勉強中。この9月からメディカルスクールに行く予定です。新婦はDちゃん。フィラデルフィアのlawスクールに行っていて、去年めでたく弁護士の試験に合格。今はDCのローファームで働いています。

金曜はリハーサルディナー(結婚式前夜に親戚や親しい人を招いての夕食)に招待いただき、和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

翌、土曜日の結婚式はスタートが5時半だったので、日中はホテルからすぐにある『Mount.Vernon』へ。ここはアメリカ初代大統領、ジョージワシントンの家があるところ。
プランテーションの経営もやっていたジョージワシントン。敷地内には靴専門に作る人の家や、鍛冶屋、温室を保つために火を焚いていた人の家などもあり、とにかく広大な敷地。
そしてすばらしい眺め。

Img_2706













これが正面からみたお屋敷。この中に入るのにすでに写真をとったところあたりから列ができていて、私たちは諦めました。

Img_2715


















Img_2720













鍛冶屋さん。実際に『くぎ』などを作ってみせてくれます。

Img_2726













これがお屋敷の裏にまわった時の景色。昔の絵を見ると、このポトマックの川に帆船がいました。

Img_2732













そして敷地内にはジョージワシントンのお墓もありました。右がジョージ。左が奥さんのお墓。その奥の扉には身内の人が眠っているとか。

Img_2733













お屋敷の中を見たり、もっと展示物をしっかり見ようと思ったら丸一日かかりそうでした。

3時過ぎにはここを出て、ホテルにもどり、いよいよ結婚式に向かいます。

Img_2738













会場はこんな感じ。教会での式もなく、手作り結婚式と言う感じで、とてもよかったです。
Img_2770













DちゃんはKoreanAmerican。指輪の交換の後、韓国の結婚の儀式が始まりました。
韓服に着替えたJ 君と Dちゃん。屏風の前に座るご両親に挨拶をします。
J君はAmerican。韓服を着て、お辞儀もし、一生懸命にやっている姿に、Dちゃんを大事にする気持ちが伝わってきました。

とてもリラックスした雰囲気で、とてもよかったです。

ご近所

今日はちょっと心あたたまったので、そのことを書きます。
今の家に引っ越して来て2年と少し。少しづつご近所の方とも顔見知りになってきました。
名前は知らないけれど、挨拶をかわす程度。私が会う人はだいたい決まっていて、リタイアされたと思われるおじさま方が主。後は両隣の方々。

そのリタイアされたと思われるおじさま方のお一人。
ちょっとぶっきらぼう。そしてちょっとコワいイメージ。でも、ご近所だし会えばハロー!とご挨拶します。ある日、私がそのおじさんの家の前を通りかかると、『お母さんが亡くなったんだ』と話をされました。なんともいえない表情で、なんと言葉をかけてさしあげたらいいのか。。
その後も前を通るたびにあいさつ、またはスモールトークを。
我が家のウインドウボックスを見て、『上手に育ててるね、お母さんが育てていた植物を大切に育てようと思うんだけど、草なのか植物なのかわからないのがあるんだよ』とお話されたり。。。

そして今日は家を空けているうちに届けられた水が玄関の前に置いてあったら、ノックが。。『お水、置いてあるの知ってるの?』とおじさんが。。。『知ってるけれど、重いから旦那さん待ってるの』と説明すると『玄関の中に入れてあげるよ』と入れて『あそこの木が折れてるから市に電話したところだよ』と通りがかったいきさつを話しながら行ってしまいました。

フィラデルフィアに来て3年と少し。だんだん今の生活になじんで来たように思います。


引っ越しのシーズン

先々週あたりから近所では引っ越しをしている人がいっぱい。
大学の卒業式もあったりで、とにかく引っ越ししてる人をよく見ます。

『引っ越し→いらない物を処分』ということから道でムービングセールや『ご自由にどうぞ』というメモとともにもらって欲しいものを置き去りにしているケースも多々。
という訳で、土曜に歩いていたら『ご自由にどうぞ』メモと本、ガラスの花瓶、などなどに遭遇。
これ、使えるかも。。。とガラスの花瓶を頂いて帰ってきました。

そのガラスの花瓶に裏のてっせんを生けてみました。釣りでつかう重りをつけて2輪は水中花に。。。

Dsc_0034

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »