« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

自由の女神

少し前になりつつあるお話。あぁ、まだ日本の出来事を書けてない。。。

もうすぐ2週間前になりますが、母が帰国する時ニューワーク空港まで送って行ったので、帰りに『ミツワ』に寄って買い物をしました。日本から帰ったばかりなのに、なんだか買うものってあるのよね。。。やっぱり生もの持って帰って来れないし。ミツワは2度目。クーラーボックス必需品。お刺身などなど買い込みました。中でも特に美味しかったのは、『中トロ』!!
歯の治療中の私にはとってもいい食べ物でした。旦那さんはタコの刺身を食べてました。

そうそう、日曜日のミツワはお昼過ぎまでお酒が買えないんです。しりませんでした。

今回もマンハッタンの中に入ることはできず。。。っていうか予定にも入れてなかったんだけど、自由の女神くらい見て帰ろう!ってことになり、見てきました。後ろ姿だけ。。。

帰りは想像以上の渋滞に巻き込まれ、3時間近くかかってしまいました。

というわけで、後ろ姿です。

Img_3056

アメリカで歯医者に行く(Root Canal Treatmentの巻)

行ってきました、歯医者さん。
アメリカでの歯医者さんは、いつもはクリーニングだけで治療はしたことなかったのですが、とうとう初めての治療をしました。

私の歯医者選びから話をはじめると、アメリカでは持っている保険によって行くことができる歯医者さんと行くことができない歯医者さんがあります。なので、隣の奥さんにいい歯医者さんを教えてもらっても、その歯医者さんが私の保険での治療を受け付けていなければ、私はそこの歯医者さんにはいけないのです。
で、主人が行っている歯医者さんに行こうとして予約をいれようとしたところ、とてつもなく先しか空いておらず、少し気になるところがあったので、そんな先まで待てないと言ったら、『じゃぁ、ERに行って』と言われました。ERに行く程痛くはないし。で、インターネットでいくつか評判のいいところを旦那さんに探してもらい、電話してみて、『受付の感じのいいところ』、『あまり先の予約でなくてもクリーニングをしてくれるところ』→(だって、いきなり治療も不安なので先生の感じとかみたかったのです。)をさがして、結局今行っている歯医者さんに落ち着きました。

さて、治療のお話。治療した歯は、前から少し気になるなぁと思っていたので、日本に帰った時、歯医者さんでみてもらったところ、『根の治療した方がいいよ、その治療はアメリカの方が成功率が高いからアメリカでした方がいいと思う』と言われました。アメリカに帰ってから丁度クリーニングのアポイントメントが入っていたので、先生に話し、お手紙を書いてもらいました。アメリカは専門治療式になっていて、私は根の治療専門の歯医者にいかなければならないのです。『同じビルだから帰りにアポイントメントとって帰ってね』と言われたので、アポ取りに行くと、『40分待てば、今日できるけれど』と言われたので、治療してもらった所、なんと治療時間1時間以上。口空けたまま。もう、顎痛いし、疲れたし。クリーニングの後なのでトータル2時間近くは口を空けてた一日でした。

日本だと20分の枠で(私が少し働いた歯医者さんは20分でした)その治療を数回繰り返すんだけど、アメリカは2度の治療で完了。(ちなみに1時間半の枠で予約をとっている様でした。)終わったらまた前の歯医者さんにもどって、今度は新しい詰め物をいれてもらいます。

この治療を日本で受けたのは今から15年くらい前だから、今の日本のこの治療を知らないけれど、アメリカは詰めてあるものに穴をあけて、そこからギザギザの針みたいなのをいれて治療します。(Root canal Treatment)そして、1度目の治療が終わるとその場で痛み止め(イブプロフェン)を飲むように水もくれました。それから炎症を押さえるためと痛み止めを兼ねて、イブプロフェンを3、4日飲みました。

昨日2回目の治療が済んだのでやれやれです。

そしてちなみにお値段。保険が効いて払った額はなんと230ドル。dollar

高いですよね。。。

アメリカは今、健康保険が問題になっているけれど、健康保険は日本のしくみの方が絶対にいい!確かに日本でも歯医者の予約はいるけれど、他の内科関係は予約なしでみてもらえるし。とにかく予約がないと診てもらえないし、予約は取りにくいし、言ってることがわからないし、本当に病院関係はやっかいです。

観光

前の記事につづき、母いる間の観光についてです。
フィラデルフィアって、マイナーな都市というイメージが日本の方にはあるみたいなのですが、
意外と沢山見るものがあるんです。
まず、私が母を連れて行って『ものすごく活気があって楽しい』と言っていたのがReading Terminal Market.丁度アーミッシュフェアーをやっていて、彼らがつくるソーセージサンドイッチを食べました。これまた、絶品!!!アメリカでの食べ物が母に合うかが一番心配だったのですが、彼女ペロリと完食。
これが、そのマーケット。八百屋、肉屋、魚屋、パン屋、チョコレート屋、花屋などなど沢山のお店が集まってます。

Img_2936













ここから足をのばして、Love parkで記念撮影。あいにく、写真は、love parkから見える美術館。でも、サイトをリンクしておきます。興味のある方、どうぞ。

Img_2939


















その後、フィラデルフィア美術館の新しい美術館(Perelman building)へ。丁度、昔のドレスの展示もあって、母大喜びでした。

ある日の観光の一日でした。

初アメリカ

今回フィラデルフィアに戻ってくる時、母がいっしょに来てくれました。
母にとってみたら、初めてのアメリカだけれども別に毎日観光したいわけでもなく、『娘がどんなところで生活しているのか』ただそれだけのようでした。

帰って来てから、まず私がいつも利用するファーマーズマーケットにいったり、韓国のスーパーマーケットに行ったり。それからは、少しずつ足をのばしてしばらく時差ぼけの体と付き合いながらショッピングや観光を楽しみました。

その中の一つ、前に行ったlongwood gardenへ。
私が行ったのはクリスマスの頃。クリスマスカラーの赤と白の花がすばらしかったのですが、夏は夏で睡蓮が見事。お庭の木も素晴らしかった!母、大満足でした。

Img_2947


















Img_2948


















Img_2958


















Img_2968













Img_2973













Img_2983

















一時帰国

6月の終わりから7月の末まで、2年ぶりに日本に帰っていました。
あっという間の滞在でした。今回、なかなか会えなかったお友達、知り合いなどなど、沢山の人に会えたりと毎日忙しく過ごしていました。
名古屋に帰る前は、旦那さんに『フィラデルフィアは名古屋と同じくらい暑い』と言い切っておりましたが、今回全面撤回させてもらいました。名古屋は暑い!!! 帰って来て『フィラデルフィアは涼しい〜』と言い切っております。
日本滞在の色々な出来事はまた追って載せて行きます。


« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »